高度肥満症患者になりたくないならゼニカルでしょ

高度肥満症になると呼吸や歩く事が困難になります。そんな人にはゼニカルがお勧め!

肥満外来で行われる治療内容

診察をしている医師と患者最近はメタボリックシンドロームと診断される中高年が増えています。
食事や生活習慣による内蔵型脂肪の肥満がメタボの原因と言われています。
自己管理でメタボを解消する人もいますが、ひどい場合には肥満外来のある病院で治療する必要があります。肥満外来で行われる治療内容には、行動療法、運動療法、食事療法、投薬療法、脂肪吸引などの手術があります。
肥満外来で行われる治療内容が適しているのは、リバウンドを繰り返している人、運動が嫌いな人、忙しくて時間が取れない人、高齢の人などです。
肥満外来で治療を受けると、薬剤師や栄養士や心理カウンセラーなどの専門家がサポートしてくれるので効果的に痩せることができます。
また食事制限や運動が必要ないのでストレスなく痩せることができるのです。
行動療法というのは毎日の食事内容や運動内容、体重や体脂肪などを記録することによって目標を達成するというものです。
運動療法や食事療法と組み合わせることによって、目に見える成果を出していくのです。
運動や食事療法で効果のない場合は、投薬によって内臓脂肪の燃焼を促進するダイエット法や脂肪吸引の手術をすることもありますが、手軽に減量できるメリットの反面、リバウンドしやすいというデメリットもありますので、基本的には行動療法をメインとした治療法が効果的です。